同人誌をコンビニで印刷してみた

明日からコミケコミックマーケット)が始まりますね。 私は出展しないのですが、紙媒体で発行する雰囲気を味わうためだけに先日オンラインで公開した同人誌select766.hatenablog.comをコンビニで印刷してみました。 紙媒体の冊子を量産する際のノウハウが少しだけ得られました。

セブンイレブンのコピー機がインターネットにつながっており、ネットサービス ネットプリント で登録したPDFファイル等を印刷することができます。

ユーザ登録して原稿のアップロードまで10分ぐらいで簡単にできました。コピー機に入力する「予約番号」がメールで来ます。

予約番号をコピー機に入力し、印刷。

f:id:select766:20171228143035j:plain

ホッチキスは別途必要です。コピー本らしい仕上がりになって満足です。

ただ、このやり方だとちょっとコストが高く、B5サイズ27ページ(紙は14枚)で540円かかりました。1ページあたり20円です。 会場で配布するものを製作するなら、データをUSBメモリで持参(ネット経由は単価が高くなる)し、B4サイズに小冊子形式で印刷して折ることで、1ページあたり5円まで下げられます。 ただし、紙を折り曲げて作った冊子をホッチキス止めする「中とじ用ステープラー」がないと不便です。Amazonで500円ぐらいで買えるようです。

セブンイレブン(というよりは印刷機供給元のゼロックス)は公式で同人誌印刷のやり方を解説しているようですね。機会があったら試してみたいと思います。 セブン‐イレブンのマルチコピー機で同人活動をもっと手軽に・もっと楽しく!